温野菜を食べましょう

2017年12月18日 11:50 am

寒い季節になりますと、温かい料理が必然的に恋しくなりますね。

サラダで食べるにも、生野菜をたくさん食べるって意外と大変ですが、蒸し野菜や鍋などにするとカサも減って、なかなかの量が食べられて便利なんです。

特に鍋料理は理想的な食べ方です。

だいたい野菜~魚介~肉類などを先に食べ、必然的にシメに炭水化物を持って来ますから、食べる順番としても完璧。

気になるのは塩分くらいでしょうか。

美味しいからと、スープなどを飲み過ぎてしまうと量的には過剰です。

王道としては、

① 野菜・きのこ・しらたきなどを先に食べる。

② 肉・魚・貝類・甲殻類などを食べる。

③ ご飯を入れた雑炊や、ラーメン、うどんなどを残ったスープに入れて食べる。

④ 最後に、りんごやバナナ、アボカドなどカリウムの豊富な果物をデザートに。

「カリウム」は余分な塩分を排出してくれますので、食事のフィニッシュには良いと思います。
ただ糖質も多いですので、食べ過ぎには注意しましょう。

忘年会の季節でもありますけれど、幹事さんが最も予算的に助かるのが「鍋料理」だと言います。
食べるのに夢中になる場合が多く、飲み代が抑えられる、なんて効果も。

最も最近増えて来た「120分食べ放題」などのコースは予算が組みやすい反面、どうしても食べ過ぎ・飲み過ぎが心配です。

1シーズンに2度も3度も忘年会がある!なんて方もチラホラ聞きます。
次いで、クリスマスやお正月など、「普段よりご馳走を食べる機会が増える」ので、ダイエット中の女子には痛し痒し・・・と言ったところでしょうか。

逆に運動する機会は減ってしまうのが年末年始。
新年になってから慌てないよう、ご自身でも多少はセーブする気持ちも持ちたいですね。

余談ですが、例えば食べたカロリーをカットしてくれる?というサプリなどがあるんですが、万人に効果があるわけではありません。

もともと消化吸収に問題があったり、肝臓が弱っていますと、サプリが逆効果になってしまったり、もしくはカロリー・カットのサプリを飲む安心感からますます過剰な食に走る場合もあるのです。

身体に合わないサプリを、首を傾げながら飲むよりは、「食べたらバッチリ運動する!」という方がはるかに健康的ではないでしょうか。

楽しい行事を心から楽しくするには、ちょっとした陰の心構えが大切です。

どうぞ素敵な時間をお過ごしくださいね。

Categorised in:

This post was written by admin-osknmn

Comments are closed here.